一人暮らしを始める社会人男性の後悔しないベッド選びとは

一人暮らしの男性のベッド

これから一人暮らしを始めるのにたくさんの家具や家電、生活用品を準備しないとだめですよね。

その中でも悩むのが大型家具のベッドです。

一人暮らしで働いてる男性となると、なかなか部屋の中を掃除する時間がありません。

床に布団を敷いて寝るよりも、布団の上げ下げをしなくても楽なベッドを購入する男性が多いです。

一人暮らしの機会に初めてベッドを購入する男性は、どういう基準でベッドを選べばいいのかわからないですよね。

充実した一人暮らしをスタートできるように、一人暮らしの男性向けのベッドの選び方をご紹介したいと思います。

シングルベッドを選んで後悔した人の声

一人暮らしの男性に多い住居は、賃貸マンションのワンルームや1Kといった比較的狭い部屋を借りる人が多いと思います。

借りた部屋が狭いし、お金もあまりないからという理由で、シングルベッドを選ぼうとしていませんか?

実際に一人暮らしの男性が選ぶベッドサイズで一番多いのはシングルベッドです。

約7割の一人暮らしの男性がシングルベッドを選んでいます。

一人暮らしの男性に一番選ばれているシングルベッドですが、「失敗したな..」と後悔する男性が多いんです。

自分一人が寝るベッドだからといって、安易に選んでしまうと、あなたも後で後悔する可能性が高いです。

シングルベッドを選んだ理由として次のような声が多いです。

  • ゆったり寝たいけど、我慢して購入した。
  • 部屋のスペースをあけたいので、小さめのシングルを購入した。
  • セミダブルを使いたいけど、一人だと気が引ける。

一人暮らしの男性の部屋は狭く、部屋のほとんどをベッドに占領されたくないから、シングルベッドを仕方なく我慢して購入したという声が多いです。

シングルベッドで寝ているほとんどの男性の本音は、もう少し広いベッドでゆったりと寝たいと思っています。

男性のベッドサイズの決めた方

こちらが一般的なベッドサイズの一覧になります。

ベッドサイズ
サイズ名 寸法(横) 寸法(縦) 想定人数
シングル 97cm 195cm 1人
ワイドシングル 110cm 195cm 1人
セミダブル 122cm 195cm 1人
ダブル 140cm 195cm 2人

一人暮らしの男性が使用するベッドサイズは、シングル、セミダブル、ダブルの3つから選ぶのが一般的です。

ワイドシングルはベッドの種類が少ないことから、あまりおすすめはしません。

まずは、部屋の広さを考えずに、自分の体型から質の高い睡眠が取れるベッドサイズを考えることがポイントです。

自分の体形に合ったベッドサイズとは

一人用のベッドサイズはシングルサイズだけだと思っていませんか?

上記のベッドサイズの表を見てもらうと、シングルサイズだけではないと分かっていただけると思います。

セミダブルはダブルの単語が入っているから、二人用のベッドサイズだと勘違いされている人がいますが、セミダブルは一人用のベッドサイズです。

大柄な男性であれば、ダブルベッドを検討してもいいのではないでしょうか。

部屋の大きさを考えないで、まずは自分の体に合ったベッドサイズを知ることが大事です。

寝返りが打てるのに必要なスペースは左右それぞれ20cmぐらいは最低欲しいところです。

肩幅が60cmの男性で計算すると、男性の就寝スペースは100cmになります。

シングルサイズは肩幅が60cmの男性が寝るのにぴったりな大きさです。

ただし、肩幅が60cm以上ある男性や寝相の悪い男性は、シングルサイズはゆったりと安心して寝れる広さではないですよね。

セミダブル以上が社会人男性におすすめな理由

毎朝満員の通勤電車に揺られ、お客様や上司から無理な要求を言われ、夜遅く帰宅する毎日。

その為にも、心身の疲れを次の日に残さないようにしたいですよね。

日本人の標準的な体型の男性の場合、シングルサイズは少し窮屈に感じると思います。

数日のことであれば、我慢して寝ることができると思いますが、毎日の事になるとどうでしょうか?

仕事で疲れて帰ってきて、ぐっすり熟睡したいのに、ベッドから落ちないか心配した状態で質の良い睡眠はとれないですよね。

睡眠は体の疲れを取るだけでなく、心の疲れを取る大事な行動です。

質の悪い睡眠が続くと、心身ともに疲れが翌日に残り、疲れが溜まってくると良い仕事ができなくなります。

睡眠だけが大事ではありませんが、疲れを溜めない為にもやはり質の高い睡眠を取ることは大事です。

心身に疲れが出始めると、仕事だけでなく、プライベートまで心に余裕がなくなり、生活が楽しくなくなります。

そうならないためにも、社会人男性には質の良い睡眠にはこだわって欲しいと思います。

質の良い睡眠をとる条件の一つに、ゆったりとしたスペースで寝ることが必要です。

男性の場合、女性より肩幅があるので、シングルではなく、セミダブル以上のゆったりしたスペースで、広々と眠ることをおすすめします。

セミダブルのあるベッドの一覧はこちら
⇒「セミダブルベッド

背の高い人におすすめしたい長身ベッド

180cm以上ある男性は、今まで足を伸ばして寝れなかったのではないでしょうか?

枕を置いて横になると、端から約15cmの位置に頭がきます。

一般的なベッドフレームの長さは195cmですので、180cmを超えるような男性は、横向きで足をまげて寝るか、ななめになって寝るしかありません。

長身の男性は縦の長さが足らず、ゆっくりとベッドの上で寝れないですよね。

足をまげて寝ていると、足の血管を圧迫し、血流の流れが悪くなりやすいと言われていますので、足を伸ばして寝れるスペースが欲しいです。

あまり知られていませんが、ロング丈のベッドがあります。

ロングベッドは200cmから210cmほどの長さがありますので、身長の高い男性でも足を伸ばして就寝できます。

ロングサイズのあるベッドの一覧はこちら
⇒「ロングベッド

部屋の大きさと相談して決める

自分に合ったベッドサイズはわかりましたか?

一人用はシングル」という固定概念を取り除いてもらえたかと思います。

ここでようやく、自分に合うベッドサイズが部屋に置けるか考えます。

物理的に入らなければ、あきらめるしかありませんが、部屋のスペースが減るのがイヤだと思っているなら、少し考えてみませんか?

自宅でくつろげる時間はどれくらいあるでしょう?

部屋の中で普段くつろぐ場所はどこでしょう?

ベッドがあると、ベッドの上で雑誌を読んだり、スマホをいじったりしませんか?

自分に合ったベッドサイズと部屋の大きさ、他の家具とのレイアウト、生活スタイルなどと検討してください。

理想のベッドサイズより結果的に小さいサイズのベッドになったとしても納得できるはずです。

簡単に「部屋が狭いから」とか「一人用はシングル」という理由で決めてしまうと、後で後悔する可能性が高いです。

ベッドの種類の選び方

ベッドサイズが決まれば、次に選ぶのがベッドの種類です。

コスパを重視するなら低いベッド

一人暮らしの男性の低いベッド

一人暮らしの男性は将来結婚をしたり、転勤で引っ越しする可能性があります。

長く使える高級ベッドよりも、値段の安いベッドで十分だと思います。

ただし、ビジネスパーソンとなると安いベッドとはいえ、デザインにもこだわりたいですよね。

そこでコストパフォーマンスの高い低いベッドがおすすめです。

低いベッドは「フロアベッド」や「ローベッド」と呼ばれています。

使用する部材が少ないことから、格安(1万円前後)のベッドが多く、スタイリッシュでモダンなデザインが多いのも特徴です。

低いベッドは開放的で部屋をすっきり魅せることができます。

おしゃれでカッコいいベッドがあれば、彼女が部屋にきたとしても恥ずかしくないですよね。

コストパフォーマンスの高い低いベッドの一覧はこちら
⇒「フロアベッド」(箱型フレーム)
⇒「ローベッド」(脚付き)

アウトドア派の男性に跳ね上げ式収納ベッド

一人暮らしの男性の跳ね上が式ベッド

予算に余裕があれば、検討したいのが跳ね上げ式収納ベッドです。

社会人ともなれば、付き合いでゴルフやスキー・スノーボードに出かける機会が多いと思います。

ゴルフバックやスキー・スノーボード板を収納する場所に困りますよね。

部屋の片隅に置くのも邪魔になりますし、クローゼットに片づけるスペースがないと思います。

跳ね上げ式収納ベッドであれば、ゴルフバックやスキー・スノーボード板を収納するのにとっても便利です。

跳ね上げ式収納ベッドの一覧はこちら
⇒「跳ね上げ式収納ベッド

まとめ

ベッドを選ぶとき、どうしても見た目やデザインから入りがちですが、自分に合ったベッドサイズを知ることから選んで欲しいと思います。

ベッドを買った後に後悔する理由は、「寝る場所が狭い!」と感じるからです。

部屋の都合上、小さめのベッドサイズを選んだとしても、事前に納得した上で選んだ場合は、失敗したと思うことも少ないはずです。

ベッドサイズが決まれば、予算と機能面を考え、あなたの生活スタイルに合ったベッドを選んで欲しいと思います。

快適な一人暮らしと睡眠をしてもらいたいですよね。

ベッドの通販はこちらのショップがおすすめです。
ベッド