購入前必見!ボンネルコイルとポケットコイルマットレス9つの違いとは

コイルマットレスの違い

マットレスの種類ってたくさんありますよね。

マットレスの構造だけでなく、メーカーによって、独自機能や特色があり、違いがわからないと思います。

とくにベッドの購入が初めての方は、マットレス選びで悩みます。

マットレスの作りは、内部構造、詰め物、外側を覆う布地の3つで構成されています。

この3つのうち、内部構造の違いが、マットレスの基本性能に影響します。

その内部構造は大きく分けると3種類あります。

  • ボンネルコイル
  • ポケットコイル
  • ノンコイル(スプリングなし)

もう少しざっくり分類すると、スプリングの有無によって、「コイルあり」と「コイルなし」にマットレスを整理できますよね。

今回はコイルのある「ボンネルコイル」と「ポケットコイル」の特徴を比較して、違いを紹介をしたいと思います。

どっちのマットレスが良いのか?」「自分に合うマットレスはどれか?」と悩んでるあなたの選択する基準になればうれしいです!

※文脈によってコイル・スプリング・バネと表現を変えていますが、全て同じ意味で使用しています。

ボンネルコイルとポケットコイルを徹底的に比較!

2つのコイルマットレスを9つの項目から比較・検証して行きたいと思います。

ボンネルコイルとポケットコイルの違いがわかると、複雑な作りのマットレスの違いも理解しやすくなりますよね。

1.体の支え方の違いとは?

ボンネルコイル ポケットコイル
面で支える 点で支える

ボンネルコイルとポケットコイルは設計思想が、全然、違います。

ボンネルコイルの構造は、スプリング(バネ)同士が、らせん状に連結されています。

スプリングを人に例えると、手と手を取り合って、組立体操のように、上の人間を支えます。

スプリングを連結することで、しっかりとした弾力面で体を支えるコイルマットレスです。

ボンネルコイルの特徴は「体全体を面で支える」とよく表現されますよね。

ポケットコイルは逆に、ひとつひとつのスプリングが独立しています。

スプリングが独立して動くので、体の重さや凹凸に合わせて沈み込みます。

独立してスプリングを配置することで、横たわったときにかかる圧を分散する働きがあります。

ポケットコイルは、体圧分散に優れた構造になります。

ポケットコイルの特徴は「体の部位を点で支える」とよく言われますよね。

2.かたさの違いとは?

ボンネルコイル ポケットコイル
かため やわらかめ

体重や体格の違いにより、マットレスの固さの感覚は人ぞれぞれですよね。

ここではボンネルコイルとポケットコイルの構造の違いによる「かたさ」を紹介します。

ボンネルコイルはスプリング同士が連結されているため、横たわったときの体の沈み込みが一般的に少ないです。

高反発や弾力性があると表現されることがあります。

この弾力性が「かため」と感じる人が多いですよね。

ポケットコイルは体の形に沿って沈み込むため、「ふわふわ」とした寝心地を感じます。

この「ふわふわ」とした感覚が「やわらかい」と思いますよね。

3.寝心地が良いのはどっち?

マットレスで気になるのが寝心地ですよね?

質の良い睡眠を求める方は、寝心地の良い方が欲しくなります。

ボンネルコイルとポケットコイル、どっちのマットレスの方が寝心地が良いのか?

ごめんなさい。正直なところ、わかりません(汗)

性別や体格、好みによるところがあり、マットレスの寝心地の良さは人によって感じ方が違うからです。

答えることができないとはいえ、寝心地の判断ができるよう、一般的な感じ方の傾向を表にまとめました。

  ボンネルコイル ポケットコイル
痛い 痛いと感じやすい 痛くない
高反発 反発しやすい 反発しにくい
固い 固いと感じやすい 固くない

・痛い

ボンネルコイルは沈み込みが少ないため、体重の軽い子供や女性、細身の体格の人は、接触部位に圧がかかりやすく、「痛い」と感じやすいです。

・高反発

弾力性があり、反発しやすいのがボンネルコイルです。

体の形状で沈み込むポケットコイルは反発力が弱いと言えます。

反発具合やクッション性は好みの分かれるところです。

・固い

先ほどのかたさの違いでも書きましたが、ボンネルコイルの方が固いと感じやすいですよね。

マットレスが固いメリットとして、寝返りが打ちやすいです。

マットレスが柔らかいと寝返りがしにくい!

寝返りの多い人は寝返りのしやすさはポイントですよね。

ボンネルコイルとポケットコイル、どちらも固さを選べるように販売しているメーカーがあります。

4.腰に悪いのはどっち?

ボンネルコイル ポケットコイル
固さが合っていないと痛い 腰痛になりやすい

自分に合っていないマットレスのかたさで就寝すると、腰に悪いですよね。

固さが合っていないと姿勢がゆがんだ状態になります。

ゆがんだ状態で6~8時間ほど寝ると、腰だけでなく、肩こりが悪化する可能性が高いです。

一般的に、やわらかいポケットコイルの上で寝ると、「腰痛がひどくなった」という男性が多いです。

やわらかいマットレスは腰の部分が沈み込むと「くの字」の姿勢になります。

くの字の姿勢になると、腰痛持ちの私は、すぐに腰が痛くなります。

5.コイル数の違いとは?

ボンネルコイル ポケットコイル
200本から210本ほど(シングル) 500本以上(シングル)

ボンネルコイルとポケットコイルのバネの数が実は違うのです!

見出しの表は、平均的な価格のシングルサイズのコイル数になります。

ボンネルコイルは200本から210本ほど、ポケットコイルは500本以上使用されています。

コイル数が多いメリットは、耐久性がよく、寝心地の質が上がる傾向があると言われています。

反対に、マットレスのコイルの数や巻き数が多いと、価格が高くなるというデメリットはありますよね。

6.価格の違いとは?

ボンネルコイル ポケットコイル
ポケットコイルより安い ボンネルコイルより高い

同タイプのポケットコイルよりボンネルコイルの方が、安い価格設定になっています。

ボンネルコイルの方が安い2つ理由があります。

  • コイル数の違い
  • コイルの構造の違い

マットレスのコイル数の違いのところでも書きましたが、コイル数を多く使っているポケットコイルの方が製造コストがあがります。

コイル数が多い方が値段が高くなるのは当たり前ですよね。

コイル数の違いだけでなく、スプリングの構造の違いでポケットコイルが高くなるんです。

ポケットコイルの構造はスプリング部分が独立しており、その一つ一つを丁寧に布をかぶせていきます。

布をかぶせる理由は、高密度で配置され、隣り合うスプリングが接触して、傷まないよう保護するためです。

ポケットコイルの製造コストが高く理由は、スプリングを連結するボンネルコイルよりどうしても手間がかかるからです。

同タイプのマットレスの価格に違いがあるのは、スプリングの構造の違いによるところが影響していますよね。

7.通気性の違いは?

ボンネルコイル ポケットコイル
通気性が良い 通気性が悪い

マットレスの通気性は気になりますよね?

マットレスの通気性の良し悪しで、カビやダニの心配をしないといけません。

スプリングの構造の違いが、マットレスの通気性の違いに差があらわれます。

ポケットコイルは布をかぶせて、マットレス内部に配置されています。

布に覆われたバネがすき間なく配置されているので、風通しが悪く、通気性が悪いと言えます。

ボンネルコイルはスプリングがむき出しの状態で配置されています。

マットレス内部は風通しが良くなり、ポケットコイルと比べて通気性は良いですよね。

少し話がそれますが、マットレスのカビやダニが発生しやすい場所はご存知ですか?

マットレス内部も心配ですが、それ以上に気を付ける場所が、マットレスと設置してる面です。

設置した場所の下が通気性が悪いと、マットレスと面の間にカビが発生します。

フローリングの床にマットレスと直置きするケースは、注意が必要ですよね。

ベッドの床板(とこいた)が「すのこ」だと空気の通り道ができ、マットレス内部の湿気が下に逃げやすいです。

ただし、床板が一面板の場合、フローリング床と同じく湿気がこもってしまいます。

マットレスの価格が上がりますが、湿気対策の機能が付いたマットレスがあります。

マットレスを湿気を下から逃がすのではなく、横の通気口から逃がすタイプのマットレスもあります。

マットレスを配置する場所によっては、コイルの違いだけで、通気性の良さを判断するのは難しいかもしれまんね。

8.コイルの耐久性の違いとは?

ボンネルコイル ポケットコイル
耐久性に優れている バネがへたりやすい

コイルの寿命は半永久的ではありませんよね。

毎日、マットレスの上で横になると、スプリングの反発力が弱くなってきたり、壊れたりします。

一般的なボンネルコイル・ポケットコイルの耐用年数は、使い方や価格にもよりますが、10年程度と言われています。

使えるからと言って、耐用年数以上使い続けると、スプリングコイルは金属なので錆びてきますよね。

防錆されていない格安コイルマットレスだとスプリングが壊れ、生地を破り、飛び出る危険があります。

価格だけでなく、実はコイルの構造の違いで、耐久性は変わってきます。

ボンネルコイルはバネ同士を連結した構造のため、強度に優れています。

逆にポケットコイルはバネが独立しており、体重の負荷のかかる部分はバネがへたりやすいですよね。

マットレスを長持ちさせる方法として、ローテーションがあります。

定期的(3ヶ月から半年)にマットレスを180℃回転させたり、裏表を入れ替えて使用すると、マットレスの寿命が延びます。

ただし、マットレスによっては、表面と裏面があると、裏表を入れ替えることができませんので、気をつける必要があります。

9.きしみがうるさいコイルはどっち?

ボンネルコイル ポケットコイル
音が出やすい 音が出にくい

どの材質であれ、長年使用して劣化が進むと、きしみ音が出ます。

スプリングコイルの素材は金属ですが、木製でも「ギシギシ」なりますよね。

フローリング材の階段を上り下りすると、きしみ音がします。

ボンネルコイルとポケットコイルに素材が違いはありません。

ただし、コイル構造の違いで、きしみの違いがあります。

ボンネルコイルはバネが繋がっているので、寝返りをうつと、バネが連動して動きます。

独立して動くポケットコイルより、バネの動く範囲を大きい分、ボンネルコイルはうるさく感じますよね。

まとめ

今回は、9つの項目から、ボンネルコイルとポケットコイルの違いを紹介させて頂きました。

ボンネルコイルとポケットコイル、どちらが良いということはありません。

1日の3分の1の時間をマットレスの上で過ごすことになります。

コイルマットレスのそれぞれの違いや特徴を理解して、自分に合ったマットレスを選んで欲しいですよね。

 

ベッドの通販は家具テリアのショップがおすすめです!
子供時代、一人暮らし、夫婦二人、現在は子供が3人となり、家族5人で暮らす店長が、その経験を元にそれぞれの生活スタイルに合ったベッドを厳選して紹介しております。
学生さん、新社会人、そして子育て世帯の方におすすめのショップですよね。
サイズや種類など複雑なベッドを探しやすいようにカテゴリ分けした丁寧なショップ作りが魅力です。
ほとんどのベッドが送料無料です。送料を節約できると嬉しいですよね。
ベッド