女性の一人暮らしが実際に購入しているベッドサイズとは

女性の一人暮らしのベッドサイズ

女性の一人暮らしの住まいはワンルームの賃貸マンションやアパートが多いのではないでしょうか?

間取りも1Kの広くない部屋でキッチン兼リビングといった感じですよね。

部屋の中は、テレビやセンターテーブル、ベッドなど必要な家電や家具がいっぱいだと思います。

その中でも特に悩むのがベッドですよね。

ベッドは大きいので、どうしても部屋の空間の大部分を占めてしまいます。

これから一人暮らしを始める女性は、現在一人暮らしをしている女性が選んだベッドサイズを参考にしたいと思いませんか?

一人暮らしの女性に絞った人気のベッドサイズと女性だからこそのコンパクトなベッドサイズを紹介したいと思います。

ベッドサイズの人気ベスト3

一人暮らしの女性によく選ばれているベッドサイズをランキング形式で紹介したいと思います。

第3位.とにかく大きなベッドに寝たいダブルベッド!

少数の女性ですが、ダブルのベッドサイズを選ぶ一人暮らしの女性はおられます。

理由は、「とにかく大きいベッドで寝たいから!」です。

部屋が狭くなってもいいから、ゆったりと広々と寝たいのが一番の理由ですよね。

ダブルのベッドサイズの寸法は、約140cm(幅)×約195cm(長さ)です。

ダブルのベッドサイズを検討する際は、部屋の間取りを確認するだけでなく、可能であれば実寸を測って、ベッドだけでなく、他の家電や家具の配置などを入念に確認したいですよね。

それと搬入経路の確認が大事です。

一人暮らしの女性ということでダブルのベッドサイズを選ぶと、周りから引かれないか気になると思います。

とくに男性から何か変に思われないかと悩みますよね。

男性から引かれることはないと思います。

広々とゆったり寝れるから、良いねと思われるだけだと思います。

周りの事は気にしないで、部屋のスペースが許すのであれば、一人暮らしの女性のベッドサイズのダブルは全然アリですよね。

誰でも大きくて広いところで寝たいと思いますもん。

ダブルのサイズがあるベッドの一覧はこちら
⇒「ダブルベッド

第2位.ゆったり寝たい人にセミダブルが売れてます

シングルのベッドサイズは窮屈なので、部屋は狭いけどゆったりと広々と寝たいという一人暮らしの女性に人気なのがセミダブルです。

シングルに次いで約3割の人がセミダブルのベッドサイズを選ばれています。

セミダブルのベッドサイズの寸法は、約122cm(幅)×約195cm(長さ)ありますので、気持ちよく安心して寝れますよね。

寝相が悪いとベッドの下に落ちないか気になってぐっすり眠れない女性の方でも、セミダブルのベッドサイズであればベッド下に落ちる心配は減ります。

最近はペットを飼えるマンションが増えたこともあり、ペットを飼っている一人暮らしの女性は多いですよね。

室内犬や猫と一緒に寝ている女性は、シングルのベッドサイズは狭いです。

大好きな犬や猫と一緒にゆったりと寝たいから、セミダブルのベッドサイズを選ぶ女性が多いです。

ペットと一緒に寝るためでなく、彼氏や友達が頻繁に泊まりにくるからという理由でセミダブルのベッドサイズを買う一人暮らしの女性もいます。

ワンルームの狭い部屋でもセミダブルのベッドサイズであれば、ギリギリ置けるベッドサイズなので、広々寝たい、ペットや誰かと寝ることがある一人暮らしの女性はセミダブルのベッドサイズを検討してみていいと思います。

セミダブルのサイズがあるベッドの一覧はこちら
⇒「セミダブルベッド

第1位.やっぱりシングルが一番人気ですよね

一人暮らしの女性に一番選ばれているベッドサイズはシングルです。

シングル=一人用のイメージが強いのか、一人暮らしの女性の約7割近い方がシングルのベッドサイズを選んでいるそうです。

一人暮らしの女性がシングルのベッドサイズを選ぶ理由の一つが、「借りている部屋の広さが狭いから」です。

間取りの広さだけでなく、マンションやアパートだと搬入経路の問題があります。

あまりにも大きなベッドサイズを注文してしまうと、エレベーターに乗らない、階段から通れない、家の玄関から入らないといった問題があります。

シングルのベッドサイズは、大抵の住まいであれば、部屋の中まで運ぶことができます。

転勤や結婚などを機会に、一人暮らしの女性は今の住居から引っ越しするケースがあると思います。

今住んでいるマンションであれば、シングルより大きいベッドサイズを搬入できたけど、次に引っ越しすることを考えると大きいベッドサイズは搬入できるかわからないですよね。

次に快適に睡眠がとれるベッドサイズを考えてみたいと思います。

シングルのベッドサイズの寸法は、約97cm(幅)×約195cm(長さ)です。

余裕をもって快適な睡眠をおくるために必要な寝床のスペースは、左右に約20cm、足元に約15cm空いていると良いと言われています。

男性の場合、シングルのベッドサイズはちょっと狭いかなと窮屈に感じる人が多いです。

平均的な身長や体型の女性であれば、シングルのベッドサイズの大きさは十分だと思います。

部屋の大きさなどの理由から仕方なくシングルのベッドサイズを選んだという女子もいますが、一人暮らしの女性のベッドサイズとしてはシングルは満足のいくベッドサイズと言えるかと思います。

シングルサイズがあるベッドの一覧はこちら
⇒「シングルベッド

コンパクトなベッドサイズは女性におすすめ

男性に比べて女性は身長も低く、肩幅も狭いことからコンパクトなベッドサイズを選択しやすいです。

セミシングルで幅を狭く!

細身の体型の女性であれば、シングルより一回り狭いセミシングルのベッドサイズを選んでも大丈夫だと思います。

セミシングルのベッドサイズの寸法は、約80cm(幅)×約195cm(長さ)です。

肩幅が40cm未満の女性であれば、左右に20cmのスペースを確保できますので、窮屈に感じない広さはあります。

ベッドサイズが狭くなると、その分部屋のスペースが広くなります。

ソファを置いたり、ラグマットを床に敷いて、おしゃれなセンターテーブルを置いて、休日にゆっくりとリフレッシュできるあなただけの空間が作れますよね。

セミシングルのサイズがあるベッドの一覧はこちら
⇒「セミシングルベッド

ショート丈で短く!

通常のベッドサイズより短いショート丈と呼ばれるベッドを知っていますか?

通常195cmある長さが180cmと小さめのベッドです。

枕を置いて頭を載せて寝ますので、足元は15cmほど余裕があるとベッドから足がはみ出る心配はないと言われます。

180cmの長さであれば、身長が165cm未満の人は「短いかなー」と感じはしないと思います。

ショート丈のベッドは可愛く女性好みのデザインのベッドが多いので、背が高くない女性は検討しても良いと思います。

ベッドが短くなることで、配置できなかった場所にベッドを置けると部屋のレイアウトを大幅に変更することもできますよね。

ベッドをコンパクトにすることで、部屋全体のコーディネートを楽しめます。

ショート丈のベッドの一覧はこちら
⇒「ショート丈

まとめ

女性の一人暮らしに売れ筋のベッドサイズとおすすめのベッドサイズを紹介しました。

人数や部屋の大きさによってベッドサイズを考えるかと思います。

ですが人によって寝具に対するこだわりが違いますよね。

広いベッドでゆったりと寝たい人は、部屋が狭くなっても、大きめのベッドサイズが良いと思います。

ワンルームの部屋全体を考えて、小さめのベッドサイズを選ぶ女性もいます。

ペットを飼っていたり、彼氏や友人を呼ぶ機会が多い一人暮らしの女性など生活スタイルも様々です。

今回紹介した内容はあくまでも参考にしてもらい、自分に合ったベストなベッドサイズをぜひ選んでもらいたいと思います。

ベッドの通販はこちらのショップがおすすめです。
ベッド