生活感のない部屋に憧れる一人暮らしの女性におすすめのベッドとは

生活感のない部屋

生活感のない部屋といえば、清潔でスッキリしたお洒落な空間をイメージされますよね。

真っ先に、生活感のない部屋で思い浮かべるのが、モデルルームやテレビ番組で紹介されるような住まいではないでしょうか。

雑誌やテレビで見かけるような生活感のない部屋に憧れる一人暮らしの女性は多いですよね。

インテリアのセンスがあり、心地よい落ち着いた部屋で、一人暮らしを満喫したいけど、殺風景な感じにはしたくない。

生活感のない部屋にしたいな」と思うものの、具体的にどうすればいいのかわかりませんよね。

それに、仕事とプライベートが忙しい一人暮らしの女性は、なかなか思うように、片づけや掃除ができないものです。

一人暮らしの女性ができる、生活感のない部屋づくりのコツと、部屋の大部分を占めるベッドにスポットをあてて、紹介したいと思います。

生活感のない部屋のメリットとデメリットとは

一人暮らしの生活感のない部屋を実践する前に、メリットとデメリットを考えたいと思います。

生活感のない部屋のメリット

生活感のない部屋の特徴は、まず第一に物が少ないということです。

一人暮らしの女性が大変に感じるのが、掃除ではないでしょうか?

物が少ないと掃除がラクで、整理整頓しやすいのがメリット!

生活感のない部屋に友達を呼ぶと、「キレイ好きだね」と言われたり、一人暮らしなのに行き届いた掃除に感心されたりします。

その優越感を味わえるのも、良いですよね。

一人暮らしの女性が困ることに、急な来客がありますよね。

普段から部屋がスッキリ片付いていると、突然な訪問客(好きな男性)におびえることがありません。

生活感のない部屋のデメリット

生活感のない部屋は度が過ぎると、潔癖症だと思われたり、部屋を汚すと怒られそうと友達が感じることです。

そんな風に相手が思ってしまうと、友人は心理的に圧迫感を感じてしまい、あなたの部屋で友達はくつろげなくなってしまいます。

さらに、「一人暮らしのくせに料理をしていない」や「心が冷たい女性」の印象を持たれたりします。

あまりにも物がなく、キレイにしすぎていると、周りからあまり良いイメージを持たれない可能性がありますよね。

生活感のない部屋にするための3つのコツとは

1.持ち物は必要最低限のものだけにすること

生活感のない部屋を実践している一人暮らしの女性は、とてもシンプル思考で、必要なものだけで生活しています。

反対に、散らかってしまう一人暮らしの女性は、必要以上に物が多い状態になっていますよね。

必要以上に物があると、収納できる容量を超えてしまい、物を隠したくても隠せません。

収納スペースも大事ですが、まずは必要な物と要らない物とに分けて、整理することです。

ただし、あまりにも物がなさすぎると、生活感のない部屋というより、殺風景な一人暮らしの部屋になってしまいます。

例えば、輸入物の雑貨をさりげなく置いてみたり、ルームスプレーで部屋に香りをつけると、セレブで素敵な女性の感じがして、周りから一目置かれますよね。

2.出したらすぐに片づけること

生活感のある部屋は簡単にできます。

生活感あふれるなものが表にでればいいんです。

例えば、

  • 読みかけの本や雑誌がある
  • チラシや新聞の山、DMの束がおいてある
  • 飲みかけのペットボトルがある
  • 洗濯物が干してある
  • 脱ぎっぱなしの洋服やかばんがある

など、日常生活を感じる物が目に見えると、生活感がありますよね。

逆に、日常生活を感じる物が目に触れないようにすると、生活感のない部屋になります。

出来るだけ物は出さないようにして、出したら収納して隠すことです。

すぐに片づけられるように収納場所を決めて、片づけが習慣になると簡単です。

3.部屋のインテリアは白い色で統一すること

一人暮らしの女性に多いワンルームや1Kの部屋の壁紙は、「白」が多いのではないでしょうか?

白い色には、清楚で清潔でキレイなイメージがあります。

ホワイトは、生活感のない部屋に合った色だと言えますよね。

インテリアをホワイトに統一すると、部屋の空間がスッキリした印象を与えます。

4.家具は収納付きのベッドだけにする

一人暮らしに多いワンルームや1Kは、ひとつの部屋に色々な役割(ダイニング、リビング、寝室)が必要になってきますよね。

その役割に合った家具を置くと、煩雑になってしまい、生活感のない部屋とかけ離れてしまいます。

そこで、持ち物を少なくするだけでなく、家具を整理してみてはどうでしょう?

できるだけ、一つの家具に機能をまとめていくと、スッキリしたルームを作りやすいです。

一人暮らしの女性は、洋服やかばんなどを片付けるのに、チェストや収納ボックスを置くケースが多いです。

たとえば、収納付きのベッドにすると、チェストや収納ボックスをなくすことができますよね。

生活感のない部屋におすすめの女性用ベッドはこちら

アミ

インテリアの中で大きなベッドは部屋の印象に一番影響力があります。

大型家具のベッドを工夫することが大事になってきます。

一人暮らしの女性が生活感のない部屋にするポイントは

  • 生活感のあるものを隠せる場所があること
  • タンスの代わりになる収納力があること
  • ホワイト系の色があること

の3つです。

この3つの条件を満たしたベッドが、「AMI(アミ)」という収納付きベッドです。

女性が使いやすいと感じるヘッドボード

香水やキャンドルなど、ちょっと見せたい小物を置くのに便利な可愛いヘッドボード。

ヘッドボードを利用して、かわいく飾ると、殺風景の部屋になるのを防げます。

さらに使いやすいなのが、フラップ扉です。

フラップ扉を開いて、その上に飲みかけのコップを置くと、ちょっとしたミニテーブルに早変わり!

一人暮らしの休日は、読書にふけながら、ティータイムを楽しめますよね。

そして、来客時にフラップ扉を閉めると、生活感の出てしまうティッシュなどを隠せるので、超便利です!

無駄のない収納力がすごい!

便利な間仕切り付きの引き出しがあるので、小分けしてすっきり隠せます。

間仕切りは調整が可能なので、あなたにあった収納スペースが作れます。

細かい物の収納に、とても力を発揮しますよね。

また、引き出しの反対側も収納スペースとして使えます。

シーズンオフの不用品を片付けておけるので、本当に無駄のない収納ができます。

すっきり隠せる収納スペースがあれば、生活感のない部屋に近づきますよね。

ホワイト系統の色が2つ

こちらの収納付きベッドは、4色用意されています

そのうち、ホワイト系統は、ホワイトとホワイト木目調の2色あります。

とことんスッキリさせたいのであればホワイトですし、少しだけ温かみのある雰囲気を出したい女性には、木目調が良いですよね。

白い収納付きベッドはこちら
⇒「AMI(アミ)

まとめ

一人暮らしの女性は生活感のない部屋に憧れるものです。

忙しく働いているキャリアウーマンに多いのではないでしょうか?

生活感のない部屋は、キレイでオシャレな部屋の印象だけでなく、素敵な女性の人柄を持たれます。

必要最低限のものだけの中で暮らす、シンプルな生き方に憧れてしまいますよね。

 

ベッドの通販は家具テリアのショップがおすすめです!
子供時代、一人暮らし、夫婦二人、現在は子供が3人となり、家族5人で暮らす店長が、その経験を元にそれぞれの生活スタイルに合ったベッドを厳選して紹介しております。
学生さん、新社会人、そして子育て世帯の方におすすめのショップですよね。
サイズや種類など複雑なベッドを探しやすいようにカテゴリ分けした丁寧なショップ作りが魅力です。
ほとんどのベッドが送料無料です。送料を節約できると嬉しいですよね。
ベッド