ワンルームをモノトーンの部屋にしたい!おすすめベッドとは

ワンルームのモノトーンのベッド出典:https://roomclip.jp/photo/coaO

一人暮らしの人が借りている部屋に多いのが、ワンルームや1Kの賃貸マンションやアパート。

せっかく一人暮らしをするなら、落ち着ける場所というよりも部屋をおしゃれにカッコよくして楽しみたいと思いませんか?

ワンルームのモノトーン部屋は落ち着ける空間というよりも、カッコ良く生きる為のイメージがありますよね。

シンプルにカッコよく、おしゃれにワンルームコーデを楽しみたいから、モノトーンに憧れる一人暮らしの人は多いです。

難しいコーディネートは出来ないけど、モノトーン部屋なら挑戦できそうな気がしますよね。

モノトーンの基本配色はホワイト(白)とブラック(黒)です。

それ以外にグレーやシルバーの色を使うこともありますが、配色が少ないのが特徴です。

モノトーン部屋は落ち着ける癒しの空間というより、カッコ良く生活したいポジティブ空間!

インテリアコーディネートの初心者も、モノトーンインテリアに挑戦できそうですよね。

ワンルームのモノトーンコーディネートの考え方とは

モノトーン部屋にするコツは、ベースやメインとなるカラーをホワイトにして、ブラックを少しずつ足していくと、バランスの良いモノトーン部屋が作りやすいです。

デザイナーズマンションと違い、一般的なワンルームの内装は、白い壁と床はフローリング材が多いのではないでしょうか?

ワンルームの内装はホワイト系統な配色が多いことから、ワンルームこそモノトーン部屋におすすめですよね。

モノトーンコーディネートのポイントは2点。

  • 広々とした印象にしたいなら、白とグレーを多めに使うこと
  • 重厚感あふれるモダンな印象にしたいなら、黒を多めに使うこと

どちらが良いかはなく、好みがわかれますよね。

女性は白を基調としたモノトーンインテリアを好みます。

ホワイト系統の中に、ワンポイントにブラックを使うと可愛く仕上がります。

逆に男性は黒をメインにしたモノトーンコーディネートを好む傾向があります。

高級感や重厚感が溢れ、スタイリッシュな空間を演出できますよね。

間取りが広くないワンルームの場合、大きいサイズのインテリアの色がメインになりやすいですよね。

賃貸のワンルームは、壁や床の色を変えることができないので、どうすることも出来ません。

となると、モノトーン部屋のベースになるのが「カーテン」と「ベッド」になります。

カーテンの色は、壁紙と同じく、部屋の印象が大きく変わります。

家具の中で一番大きいベッドの色も、インパクトがデカいですよね。

カーテンやベッドの基本色を白にするのか黒にするのかで、ワンルームモノトーンの雰囲気が変わります。

今回の記事ではベッドに絞り、ワンルームのモノトーン部屋におすすめのベッドを紹介したいと思います。

黒いベッドを配置したモノトーンのコツ

黒いベッドのモノトーンコーディネート出典:https://roomclip.jp/photo/cMl3

黒いベッドのイメージは、落ち着いた雰囲気が漂い、高級感と重厚感を兼ね備えた大人の感じがしますよね。

一言で黒いベッドを表現すると、「カッコいい!」ではないでしょうか?

クールな印象があり、かっこよさが際立つカラーのブラックは、男性に人気があります。

とにかくカッコいいモノトーンワンルームを作りたい男性に、黒いベッドはおすすめです。

黒いベッドのモノトーンコーディネートの注意点

ベッドフレームとマットレスを黒一色にすると見栄えがよく、カッコよく見えますよね。

逆にそこに落とし穴があるので注意が必要です。

ベッド単体であればカッコいいのですが、ワンルームに置いて黒い部屋になり過ぎてしまうと失敗します。

あまりにもブラックを多用した黒い部屋は、閉塞感や圧迫感を感じやすくなります。

ベッド以外の家具までブラックで統一するとワンルームの空間が狭く感じます。

狭いワンルームだと部屋を広く見せたいのに、黒いカラーで統一し過ぎて部屋が狭く感じると逆効果ですよね。

高級感というよりも生活感のない安っぽいモノトーンワンルームになってしまいます。

黒いベッドを置く時は、黒くなりすぎないように周りのインテリアの色はグレーやシルバーなどを積極的に取り入れるようにすると良いですよね。

また、観葉食物をさりげなく置くだけで、印象ががらりと良くなります!

黒いベッドをおしゃれにワンランクアップ!

黒いベッドに合うシーツの色って悩みませんか?

例えば、枕やベッドシーツといったベッドリネンのカラーを、赤や青を差し色として取り入れてアクセントをつけると、一気におしゃれ度が上がりますよね。

部屋の装飾の色と合わせるのもアクセントが効いてグッドです!

黒いベッドと同系色でない色をワンポイントに使うと色の強弱がつくので、素敵なモノトーン部屋になりますよね。

白いベッドを配置したモノトーンのコツとは

白いベッドを配置したモノトーン出典:https://roomclip.jp/photo/cDHE

ワンルームのモノトーン部屋の女子におすすめは可愛くて、清潔感あふれる白いベッドです。

女性の場合、雑貨や小物をインテリアとして置く人が多いので、それを利用します。

部屋全体はホワイトを基調にして、ワンポイントにブラックやシルバーを使うと可愛いモノトーンのワンルーム部屋になりますよね。

ワンポイントに黒の模様のある可愛いインテリアを置く

ワンポイントに黒の可愛いインテリア出典:https://roomclip.jp/photo/coG7

収納ボックスやチェストに黒い模様のあるデザインの家具を置くだけで、おしゃれなモノトーンのワンルームができます。

また、カーテンの柄は黒の水玉模様にすると、素敵なモノトーン部屋になりますよね。

牛の模様のあるラグマットをフローリングに敷くのもありですよね。

キッチンの小物を黒にする

キッチンの小物を黒出典:https://roomclip.jp/photo/cv8H

1kと違いワンルームの場合、キッチンが白いベッドと同じ部屋の中にありますよね。

調味料の入れ物や料理に使う調理器具の色をブラックにするだけで、モノトーンの可愛いキッチンになります。

女子の場合、キッチンが殺風景すぎると、男子から引かれる可能性があります。

キッチンを含めてワンルームをモノトーンコーディネートにするだけで、男性から好感を持たれる効果が期待できるかもしれませんよね♪

人気のモノトーンベッド4選

一人暮らしのベッドサイズは、シングルとセミダブルが一般的です。

モノトーンにおすすめのカラーだけでなく、一人暮らしのワンルームに合ったサイズがあるベッドを紹介したいと思います。

1.黒いフロアベッド(ブリーズ)

ブリーズ

ブリーズの大きな特徴とは

  • 通気性にすぐれた「すのこ」を床板に採用
  • 高品質なのに値段が安い!高コストパフォーマンス

の2点です。

フロアベッドは床下に湿気がこもりやすく、カビが気になりますよね。

寝汗の多い男性の場合、寝具からマットレスに水分が染み込み、マットレスと床板にカビが発生する可能性が高くなります。

そこで少しでも安心できるのが通気性の良いすのこの床板です。

通気性が良いだけでなく、フレームを頑強になるようにしっかりと設計されています。

ベッドフレームには1年保証が付いていますので、生産には自信があるんでしょうね。

ブリーズの詳細はこちら
⇒「ブリーズ

2.黒い収納ベッド(ステラ)

ステラ

ステラの大きな特徴とは

  • 洗練されたカッコいいデザイン
  • 安心の国産フレーム

の2点です。

デザインと機能性にこだわったヘッドボードが目に付きます。

枕元に便利なコンセントが付いていますので、目覚まし時計変わりにスマートフォンを使っている人は近くに電源があると、充電しながら寝れるので、とっても便利ですよね。

奥行14cmの棚は本棚の代わり出来るので、就寝前の読書が楽しみになります。

フレームは国内の製品安全協会が認定した国内工場で製造しているので安全!

ホルムアルデヒドの放出量が少なく、アレルギー体質の方も安心して寝れますよね。

ステラの詳細はこちら
⇒「ステラ

3.白いフロアベッド(アイディール)

アイディール

アイディールの大きな特徴とは

  • とっても可愛いデザイン
  • 白いフロアベッドは圧迫感が感じにくい!

の2点です。

ホワイトで統一されたキュートなデザインは、20代・30代の女性の購入者が多いのも納得です。

普通のベッドだとワンルームが狭く見える可能性がありますが、フロアベッドのメリットとして、広々と開放感があふれます。

4.5畳の狭い部屋に置いても白のフロアベッドということで圧迫感がありません」という購入者の声が証明していますよね。

アイディールの詳細はこちら
⇒「アイディール

4.白い収納ベッド(アミ)

アミ

アミの大きな特徴とは

  • ホワイトの木目調がとっても可愛い
  • 便利な間仕切り付きの引き出し

の2点です。

ホワイトの木目調は女性好みのデザインになっていますよね。

可愛いデザインだけでなく、引き出し内部に間仕切りが付いているので、機能性が高い収納ベッドです。

下着など細かな物が多いと整理整頓しやすいので、部屋が狭くて収納ボックスが置けないワンルームに良いですよね。

アミの詳細はこちら
⇒「アミ

まとめ

ワンルームのモノトーン部屋は、ベースやメインとなる基本色を決めれば、簡単に挑戦できそうですよね。

今回は、基本色に大きく影響を与えるベッドについて、ワンルームのモノトーンを考えて見ました。

黒いベッドか白いベッドどちらかいいのかは、性別や好みによります。

どちらの色のベッドを選んだとしても、今回の記事が参考になれば嬉しいと思います。

黒い色のあるベッドの一覧はこちら
⇒「黒いベッド

白い色のあるベッドの一覧はこちら
⇒「白いベッド

 

ベッドの通販は家具テリアのショップがおすすめです!
子供時代、一人暮らし、夫婦二人、現在は子供が3人となり、家族5人で暮らす店長が、その経験を元にそれぞれの生活スタイルに合ったベッドを厳選して紹介しております。
学生さん、新社会人、そして子育て世帯の方におすすめのショップですよね。
サイズや種類など複雑なベッドを探しやすいようにカテゴリ分けした丁寧なショップ作りが魅力です。
ほとんどのベッドが送料無料です。送料を節約できると嬉しいですよね。
ベッド