一人暮らしの女性が後悔しないベッドの選び方

一人暮らしの女性のベッド

これから一人暮らしを始める学生や社会人の女性はどのように選べば、後悔しない満足するベッドが見つかるのでしょうか?

一人暮らしを始める場合、家電や家具、日用品などたくさんの物を揃えなくちゃだめですよね。

一人暮らしをスタートすると、新しく購入するものがいっぱいで悩むと思います。

とくに家具の中でも大型サイズのベッドは、サイズだけでなく、機能面や使い勝手など女性だからこそ気になる点がいっぱいあります。

学生や新社会人の一人暮らしをする女性の多くは、ワンルームで1Kといった狭い部屋を借りると思います。

広々とした部屋に自由に置けないので、部屋のレイアウトや他の家電や家具の配置も工夫する必要があります。

かわいいから」という理由だけで選んでしまうと、後悔や失敗したと思うことになりかねないです。

失敗しないためにも、一人暮らしの女性がベッドを選ぶ際に、気をつけたいポイントを紹介したいと思います。

収納は多い方が絶対いい!

持ち物が多い人は男子より女子の方が多いですよね。

外出用の洋服やバッグだけでなく、部屋着も数種類持っていたりします。

とくに下着は男性に比べて、女性は多いです。

衣類だけでなく、化粧品やアクセサリーなどの小物関係もたくさんあります。

一人暮らしとはいえ、これからどんどん増えていく傾向ではないでしょうか?

収納するスペースがないと、物が増えても片づける場所がなくて困ります。

ワンルーム・1Kの場合、クローゼットの収納スペースが小さかったり、ひどい場合だと収納スペースのない賃貸アパートもあります。

収納する所がないからとチェストやタンスなど収納家具を買っても、狭い部屋に置く場所がなく、収納力の弱い部屋は困りますよね。

収納力が弱いと、物が溢れて床の上が散らかっていってしまい、大好きな彼や友達を呼びたくても呼べない家になってしまいます。

誰も呼べないと女性の一人暮らしはふと寂しくなりますよね。

部屋の中の生活スペースを削ることなく、収納力を上げるには、収納付きベッドが便利です。

収納付きベッドは、ベッド下のデッドスペースを利用して収納スペースとして使いますので、部屋の中の空間が狭くなることはありません。

引き出し付き収納ベッドのデメリットとして、引き出すスペースが必要になります。

引き出すスペースすらないというケースの人は、跳ね上げ式ベッドといって床板を持ち上げて、ベッド下を丸々全て収納庫として使える収納ベッドがあります。

女性でも楽々と床板を持ち上げることができますので安心して使えます。

収納付きベッドは「引き出し式」「跳ね上げ式」「チェストベッド」とそれぞれ特徴があり、メリットやデメリットがあるので、収納するものが使い勝手などを考えて選ぶ必要があります。

収納付きベッドの選び方はこちらの記事を参考にしてください。
⇒「後悔しない収納ベッドの選び方

収納付きベッドの一覧はこちら
⇒「引き出し式ベッド
⇒「跳ね上げ式ベッド
⇒「チェストベッド

長さの短いショート丈がグッド!

一人暮らしの場合、一人用のシングルサイズを選択する女性が多いのではないでしょうか?

日本人の女性の身長を調べてみると、155cmから158cmぐらいとなっています。

シングルサイズの寸法は約97cm(幅)×約195cm(長さ)です。

サイズの寸法はフレームではなくマットレスのサイズになります。

多くの女性の方は、シングルサイズは長いと感じているのではないでしょうか?

平均的な女性や小柄なタイプの女性におすすめなのが、長さが短いショート丈の寝台です。

長さが短めの180cmになっていますので、一般サイズより約15cm小さいです。

足元のスペースが約15cmほど余裕があれば、足がはみ出る心配がないと言われています。

身長が165cm未満の女性であれば、安心して快適な睡眠をとることができますよね。

フレームの長さが短くなれば、狭い部屋の配置に苦労が解消できる可能性があります。

ヘッドボードなしにすると、さらにコンパクトになります。

ヘッドボードに棚があると、置き時計やスマホや女性なら化粧品をちょっと置いておくのに便利です。

一人暮らしのワンルームの狭い部屋であれば、手の届く範囲に小物を置くスペースがあると思います。

ヘッドレスにすることの方で、部屋の空間が広くなり、自由に活用できる可能性が広がりますので考えてみる価値はありますよね。

一人暮らしの女性におすすめのショート丈の一覧はこちら
⇒「ショートベッド

フレームの幅もコンパクト!

窮屈に感じない寝床の幅は知っていますか?

左右に約20cmのスペースがあると寝返りがうて、寝ていても窮屈に感じることがないそうです。

日本人女性の平均的な肩幅を調べると約36.1cmだそうです。

肩幅に左右のスペース(20cm×2)を足すと76.1cmですよね。

肩幅が40cm未満の女性であれば、セミシングルの幅は約80cmですので、セミシングルを考えてみてもいいかもしれません。

横幅が狭くなると、引き出し付きの収納ベッドが置けなかったのがスペースが出来て置ける可能性があります。

あくまでも参考値ですので、「私は寝相が悪い!」と自信のある女性は、横幅が小さいとベッドから落ちてしまいます。

とにかく広い寝床で安心して寝たい人は、部屋の大きさに合わせて選ぶ必要がありますが、シングルやセミダブルの方が良いと思います。

一人暮らしの女性におすすめのセミシングルのある一覧はこちら
⇒「セミシングル

組み立てサービスを利用すると楽!

自転車を通販で買うと完成品が送られてこないです。

部品(パーツ)が送られてきて、今の時代は自分で自転車を組み立てますよね。

家具も同じでikeaやニトリ、無印などの量販店で家具を買うと、自分で組み立てると思います。

女性は、組み立てが得意でない人が多いですよね。

ベッドを組み立てる自信がない女性が選ぶときは、組立が簡単なものを選ぶことをおすすめします。

一人暮らしの女性であれば、父親や彼氏といった男性にやってもらうと良いですよね。

頼れる男性がいなかったり、田舎から出てきて手伝ってくれる知り合いがいない人は、組立サービスの付いたベッドを選ぶと、作業員の方がちゃんと組み立てくれますので安心です。

作業中の立ち合いに一人で不安の場合、友人や家族の方に一緒に立ち会ってもらうと安心ですよね。

デザインは最後に考えること!

男性であれば、カッコいいデザインやスタイリッシュな形を好む人が多いですが、女性はおしゃれでかわいいベッドが欲しいですよね。

女性に人気のフレームのカラーはホワイト(白)やナチュラル系です。

北欧や天然素材のベッドも可愛いので人気のあるデザインです。

家具だけではありませんが、どうしても好みのデザインから選びがちになります。

できれば機能やサイズを決めてから、好みのデザインを選んで欲しいと思います。

デザインから選ぶと、生活を始めてから後悔や失敗したなと思うケースが多いので、部屋が狭いときはデザインではなく機能性・サイズ重視で考えて欲しいと思います。

まとめ

一人暮らしは掃除・洗濯・買い物・食事など家事全般を一人でしないといけません。

一人暮らしは自由で楽しいけれど大変です。

睡眠の質が悪くて熟睡した感じがしないと、一人暮らしの疲れがたまっていきますよね。

よく眠れないと睡眠不足になり、一人暮らしのストレスがたまるだけでなく、女性の天敵である肌荒れの原因にもなります。

部屋が狭い一人暮らしの女性は、小型サイズのベッドを選ぶ傾向になりがちですが、体型や睡眠スタイルに合わせて、睡眠の質が落ちることのないように長さ・幅を検討したいですよね。

素敵な一人暮らしができるベッドが見つかることを願っています。

ベッドの通販はこちらのショップがおすすめです。
ベッド